白馬 ロコチューンナップ

スキー&スノーボードのチューンナップ・メンテナンスに
関することはロコ(LOCO TUNEUP SERVICE)にお任せください!

こんな角度設定も・・・
みなさん、こんばんわ!
今日も一日行楽日和が続いた白馬村。
昼間は国道もそこそこ3連休らしく走る車も若干多めでした。
みなさんはどこかお出掛けしましたか?

さて、昨日に続き本日もエッヂ角度についてのBlogを・・・
最近、スキーを遠くに出す(自分の体から離して)、表現が難しいですね。
そのようなスキーに仕上げたい時はチューンナップも特殊になります。
ベースエッヂ角度を−1.5度〜−2度垂らしサイドエッヂ角度を87〜88度にて
仕上げます。
ベースエッヂを大きく垂らしている分スキーが自分の体から離れやすい状態にします。
ベースエッヂを垂らした分サイドエッヂ角度を鋭角にします。

このようなエッヂ角度の設定のチューンナップもできますので一度お試しください。

それでは明日はジョナサンが出勤ならばスノーボードのエッヂ角度について解説してもらっちゃいましょうかね!?
| チューンナップのススメ | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
エッヂの角度って!?
本日は秋晴れの絶好の行楽日和の白馬村。
朝は冷え込んだけど午後には過ごしやすい(少し肌寒かったかな?)気温に。
先ほどジョナサンがカザワより帰還。
ゲレンデはシーズンを一足先に迎えた人でかなりの混雑だった様子です。

さて今日はエッヂの角度設定について・・・
よくチューンにお出し頂くお客様に「角度は何度がお勧めですか?」という質問をいただきます。
一概にはベース(滑走面側)エッヂが何度でサイドエッヂが・・・とは言えません。
板のR(ラディウス)やフレックスによっても変わってきます。
そして何よりレベルやどういった使用目的かに大きく左右されます。
昔はベース−1度・サイド89度が一般的でしたが今のカービングスキーではベース−0.5度・サイド88or89度が主流ですね。
やはり重要になってくるのはベースエッヂ角度です。
必ずしも−0.5度にする必要性はありませんが迷われた時には−0.5度から角度付けすることをお勧めします。
−0.5度で引っ掛かり(ズレない)すぎれば−1度に垂らしていけば良いですし。当店では手直し(鋭角⇒鈍角)は無料で致しております。
−1度を−0.5度に戻すには滑走面を削り直すため有料になってしまいますし、滑走面をドンドン薄くしちゃいますしね。
| チューンナップのススメ | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
『プレチューン』って知ってます???
NEW
今日は一日中とても寒い白馬村でした。
LOCOのある国道沿いでも気温は15℃を上まらず午後からは小雨も降り・・・
もしかしたら山の上の方ではまた雪が降ってるかもしれないですね。
朝晩はストーブに火を入れることも多くなってきました。
さて、そんな感じで06−07シーズンもいよいよ間近ですね!?
各メーカーさんのデリバリーも進んでいるようです。
お客様の中にはNEWモデルがもう手元に届いている方もいらっしゃるのでは??
そんなNEWスキー、いきなり使わない方がいいですよ。
プレ(ハーフ)チューンにお出し頂く事をお勧めします。
海外メーカーのスキーはほとんどが船便での輸入。
滑走面が酸化していることが多いです。
それにエッヂの「立ち」も甘いスキーが多いですね。
中にはエッヂがうっすら錆びている物も・・・
手元に届いて「さあ、WAXを・・・」と塗り始めても思うように浸透しない。
「エッヂ削ってエッヂ立てよう!」とファイルで削ろうと思ったらファイルが入らない!!
などなどよくある話です。
そうなる前にプレチューンしてみてはいかがでしょうか!?
| チューンナップのススメ | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
今日から11月!
こんにちは。久々登場のジョナサンです。いやー皆さんお久しぶりです。ロコスタッフに復活しました。今まで何してたかって?昼はサラリーマン。夜は.....副業で.....なんちゃって!(深い意味はありません)そんなわけでこれからはブログにもちょくちょく登場しますのでそのときは4649です。うっわー「古!」と思った人も結構古い可能性あります。そんなこんなで11月になってしまいました。もうすぐ雪が降ってしまいますよ。皆さん準備は万端ですか?特に選手や、本気の人はそろそろワックス入れないとすぐにシーズンインになってしまいますよ。さて話は変わりますが11月3日から5日までの3日間、池袋サンシャインにて「ニッピンスーパーバザール」が開催されます。今年は登山用品が大特価です。スノースポーツに興味無い人も是非足を運んでみた下さい!なにか掘り出し物にめぐり合えますよ。ではシーズン間近な白馬よりお伝えしました。
| 日記&白馬の様子? | 13:13 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
今シーズンの初雪です。
お待たせしました!
ついに白馬岳が白くなりました。
遭難のニュースで伝えられてるので街の皆さんもご存知かと思いますが・・・
朝一番の画像です↓↓
やっぱり山は白が一番!!
今日は午前中は寒かったですが午後には気温も上がりこの雪景色も少しの間の姿ではないでしょうか?
風の噂ですと白馬岳山頂で30cmの積雪があったという情報も・・・

本格的シーズンの到来にはもうちょっと時間が掛かりそうですね。
| 日記&白馬の様子? | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
リペア(番外編)
今日は一日強風の吹き荒れた白馬村。
こんな日は珈琲を買いに自販機に行くのさえオックウになります。
雨も横殴りに降り続いていました。
気温も低く15℃くらいまでしか上がりませんでした。
この秋初めてのトレーナーを着てしまいました。

さて先日お伝えした「リペア編」の補足です。
よくシーズン初めなど気付かない場所に石が落ちてたり「なんで!?」ってな物を踏んでしまったりして滑走面を深く抉り芯材まで達しちゃうような大きな傷を負ったりしたことありませんか?
そんな時は先日説明したリペアでは補修ができません。
リペア材は滑走面素材とはくっ付くのですが芯材とはくっ付かないのです。
そこで芯材まで達しているような深い傷は「滑走面切り貼り」を・・・
方法は・・・
すいません!!企業秘密なもんで内緒です。
切り貼りした所は滑走面材なのでWAXも乗りますし剥がれることもめったにありません。
本日、チューン作業中に2年前に切り貼りしたSKIを見つけました。
画像がこちら↓↓
コレが切り貼りです
シーズン始まって深〜い傷を負ってしまった時にはLOCOに相談くださいネ。
ちなみに画像の大きさの「滑走面切り貼り」ですと単品で¥4,000−チューンとセットで¥3,000−ほどで施工できます。
| チューンナップのススメ | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
誰にでもできるチューン講座
今日はお昼前から雨の白馬村。
気温も一日上がらず少し肌寒かったですね。
まだ紅葉の見頃には早いですが徐々に色付いてきましたよ。

さて、リペアの続きといきましょうか?
ジラしてるわけではないですからね(笑)

彫刻刀で彫って下準備ができたらリペアキャンドルに火を点けます。
リペアキャンドルに火を点けます
キャンドルの色は白い(透明な)ソールにはクリアの物を、ブラックソールには黒い物を使いましょう。
この時に特にクリアの場合は煤が入りやすいので注意が必要です。

ソールに火が点いたリペアキャンドルを近付け垂らしてください。
この時火を消し溶けてる部分を擦り付けても良いでしょう。
当局はポタポタ垂らしていきますが・・・
そして少し多めに垂らし
『ここがポイント!!』
厚手の鉄板で少し押さえつけてください。
中の空気を押し出しくっ付きが良いです。
少し多めに垂らしましょう

リペア材が冷めたらあとは薄手の研いであるメタルスクレーパーでゆっくり削ぎましょう。
この時メタルスクレーパーをあまりたわませないようにしましょう。
たわませてしまうと滑走面まで削ってしまいますからね。

そして完成が下の画像↓↓
この通り!!

解かりましたでしょうか?

リペアはどうしても年月が経過すると痩せたりしてしまうものなので過去にリペアを施してある板はシーズン前にチェックを!

尚、当店のリペア材はオリジナルの固い物を使用しています。
ブラックソールの物でもクリアのリペア材を使用しております。
| チューンナップのススメ | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
誰にでもできるチューン講座@Blog その1.
秋も深まりいよいよシーズンの到来です。
シーズン到来と言ってもまだ滑れませんけどね。
では、何のシーズン到来か?
そうです!チューンシーズンの到来です。
そこで本日より「誰にでもできるチューン講座」をBlogでお送りします。
できるだけ毎日更新しますね♪
第1弾はリペア編をお送りします。
挑戦してみてください。
まずは滑走面をチェック。
リペアが必要ある傷と無い傷を区別。
薄〜い(浅い)線傷ならあまりリペアはしない方がいいでしょう。
なぜならあまりリペアを増やすと滑走性が悪くなるのとリペア部分にはWAXが浸透しないからです。
画像リペアの必要な傷。
画像この傷ならリペアしない方が・・・
画像,録爾瓩僚なのでリペアが必要です。
画像△惑い(浅い)線傷なのでリペアしない方が良いです。

そしてリペアが必要な傷には彫刻刀でケバ(ガサガサしてる部分)を綺麗に彫ります。(画像参照)
注意!滑走面は結構薄い作りになっているので初めからあまり深く彫刻刀を入れない方がいいでしょう。自信のない方は古いもう使わなくなった板で試してください。
画像彫刻刀で綺麗に・・・
これで下準備が完成です。

今日はココまでです。
肩の力を抜いてくださいネ♪
| チューンナップのススメ | 18:17 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
いよいよ10月ですね
今日から二桁月の10月がスタートですね。
いよいよ冬はもうそこまで来ているかもしれないですね。
今年は雪は早いでしょうか!?多いでしょうか!?

毎年雪の季節が近付くと気になるのが・・・
.マキリの巣の高さ
▲メムシの発生の多さ
B腓な蛾(通称:モスラ)の多さ
この3点でしょうか。
,魯マキリが巣を高い位置に作るとその冬は雪が多いとされています。
◆Νはこの2種類の虫が多いと雪が多いと白馬では言われております。
最近よく見かけるのは△痢屮メムシ」でしょうか?
まだ色は緑のものがチラホラですがちょくちょく見かけます。
コイツを退治する時は注意が必要です。
白馬の子供達には「屁っぷり虫」とも呼ばれているようにコイツに刺激を与えると「クっさ〜い!!」のをかまされてしまいます。
一度付いた匂いはなかなか落ちません。
石鹸で手を洗っても・・・
そこでコイツを退治するにはガムテープが最適でしょう。
ちょんと貼って中に包んでしまえば匂いもシャットアウト!!
冬の宿などでも活用してくださいネ♪
| 日記&白馬の様子? | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
秋ですね〜
秋の味覚の代表「秋刀魚」・「松茸」食べましたか??
秋刀魚はちょくちょく食べるのですが松茸には手が出ません。

そろそろ紅葉も始まりスキー&スノーボードシーズンもいよいよ!って感じですね。
白馬の紅葉はまだまだって言ったところです。
もうそこまで来ているシーズン前にもう一度マテリアルのチェックをお忘れなく!

明日は一番星復帰一発目の関東方面への出張です。

シーズン前にチューンの企画物をBlog上で展開しようと只今企んでおりますので期待してくださいネ。
リクエストなんかがあれば書き込みしていただけると、と〜っても嬉しいです。
| 日記&白馬の様子? | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP